子供の将来をバックアップ

小さいうちから教育

一般的に小学校受験や中学校受験はよく聞くと思いますが、幼稚園受験というものもあります。そんな小さい時期から受験をする必要があるのだろうかと考える方も多いと思いますが、幼稚園受験には様々なメリットもあるので受験を検討するのもありです。一つ目は、付属幼稚園と呼ばれる幼稚園では、系列の学校に内部進学できる場合があります。小学校や中学校などの受験は、成長していくたびに受験が難しくなります。
なので、比較的負担の少ないうちに入園させておくことで、その後の受験戦争に悩まされるということがなくなります。ただ、学校によっては内部進学の条件が異なる場合もあるので、事前に調べておく必要があります。二つ目は、教育理念や教育方針がしっかり設定してあるということです。
普通の幼稚園でも教育理念やカリキュラムなどがありますが、幼稚園を卒園するまでしかお手伝いができません。しかし、付属の幼稚園なら、小学校、中学校、高校、大学も継続することができるので、一貫した考えを持って教育にあたることができます。幼稚園の教育理念と自分たちの考えが一致しているのならば、幼稚園という小さいうちからその教育を受けることで身に付きやすくなります。

幼稚園受験の内容

皆さんは、周りには自分の子供に幼稚園受験をさせた経験がある方はいらっしゃいますか?小学校受験などは、よくされているご家庭がありますが、幼稚園から受験をさせるとなるとなかなか珍しいかもしれません。小学生ならば様々な試験を受けれるかもしれませんが、これから幼稚園に入ろうとしている子が試験を受けるといっても、何をするのか全然想像がつかないという方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、そんな方のために幼稚園受験では何を行うのか、受験の内容はどんなものなのかについて書いていきたいと思います。幼稚園受験の内容としては大きく2つあり、面接と実技があります。面接というのは、両親との三者面談のような面接になっており、実技は、基本的な運動能力や知能、日頃どのような遊びを行っているかを見るために、マット運動やパズル遊びなどをさせたり、片づけなどの習慣がついているのかなどを見たりしていきます。
首都圏の有名な幼稚園などはこの実技試験を行うところが多いですが、実技試験はなく、面接のみという幼稚園も多く存在しますので必ずしも実技が必要ということでもありません。面接のみの場合は願書を書き、両親と子供で面接を受けるだけで受験が終わるのでお手軽ですね。

小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。不景気や少子化にも関わらず、小学校受験をする家庭の数は伸び続けています。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 幼稚園受験は伸芽会で準備しよう